スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルー中央銀行、新1ソル硬貨を1千万枚限定で発行

2010年03月30日
ペルー中央準備銀行(BCR)は、コレクション向けの新1ソル硬貨発行を3月25日から開始した。この硬貨は額面が1ソル、直径25.5mm・重さ7.32gの合金製で、表にはペルーの盾形紋章(ペルー国旗の中央模様部分)を、裏には古代の儀式用ナイフ“黄金のトゥミ”を配したデザインとなっている。 (Artículo en El Comercio.com.pe)

この硬貨は1千万枚限定で鋳造される。ペルーの人口は現在3千万人弱なので、国民3人あたり1枚の計算になる。限定コインを手にすることができた旅行者には幸運が訪れるかも知れない。

尚、この“黄金のトゥミ”硬貨は、今後10年間に亘り異なる24種のデザインで次々と発行される予定のコレクション向け貨幣“ペルーの富と誇り”シリーズの第一弾になる。

【限定1ソル硬貨のデザイン】
unsol.jpg
スポンサーサイト

セマナ・サンタの旅行はアンデス高山列車で

2010年03月18日
リマ‐ワンカヨ間を往復するアンデス中央鉄道の観光列車が3月19日(金)に催行される。今年3回目となるこの観光列車は、金曜日の朝7時にリマ・セントロのデサンパラードス駅を出発、同日午後7時頃ワンカヨに到着する。復路は21日(日)の午後6時ワンカヨ発、22日(月)朝7時セントロ着となる。

尚、セマナ・サンタ期間を含む4月の催行予定日は、1日(木)、15日(金)、30日(金)。トゥリスティコ・クラスの料金は大人300ソレス(往復)、子供210ソレス(往復)。クラシコ・クラスはそれぞれ165ソレスと110ソレス。アンデス高地を12時間かけてのんびりと走る高山列車で、途中にはアメリカ大陸一の標高を誇るガレラ駅(4781m)もある、。

002_20091118111704.jpg

チリ大地震、発光現象の映像

2010年03月01日
チリ大地震発生時の発光現象が偶然ビデオに捉えられた。この映像は車で移動中のチリ市民により撮影されたもので、彼らは地震による轟音をタイヤの破裂と勘違いしたという。地震によると思われるこのような発光現象は、2007年8月ペルーで発生した大地震時にも観測されている。(Artículo en El Comercio.com.pe)

【地震の発光現象を捉えた映像/0:25頃に一瞬空が明るくなる】
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。