スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セニョール・デ・ロス・ミラグロス、4回目の行進を終える

2009年10月21日
聖カルメン教会で一夜を過ごしたパチャカミーラのキリスト像(セニョール・デ・ロス・ミラグロス)は、月曜日にリマの主要な病院を巡り入院患者たちに祝福を与えた後、4回目の行進を終え夜半過ぎにナサレナス教会に到着した。

前日の日曜日、キリスト像を載せた御輿は花吹雪の舞う中アルマス広場に到着。紫の伝統的な修道服を纏ったアラン・ガルシア大統領は祝辞を述べ、暫しの間自ら御輿を担いだ。行列はその後リマ市庁舎および議会に立ち寄り、聖カルメン教会へと向かった。

ナサレナス教会を始点とする5回目の行進は来週水曜日に行われる。
(Artículo en El Comercio.com.pe)

10月4日(日) segundo recorrido通りを埋め尽くす紫と白の風船暦の上では春だけど、まだまだ寒い日も多いリマの10月。でもこの日は初夏を通り越して突然真夏のような天気に早変わり。 妙にサングラスが似合うんですけど…(笑)もともとこのキリストの壁画への信仰はアフリカ、アンゴラ出身の人々から始まったせいか、黒人系ペルー人がとてもたくさんいた。リマのパチャカミージャ地区に教会を建て、このキリストの磔刑画を壁に描い...
セニョール・デ・ロス・ミラグロス 人々編

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。