スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国人とドミニカ人、ペルー人男性を騙し性的暴行

2009年11月04日
2人の外国人が、ペルー人を騙した上性的暴行を加えたとして逮捕された。被害にあったのは、スルコ区のイゲレータ・ロータリーにある有名飲食店で配達員として働くペルー人男性(21)で、米国籍の男性(44)とドミニカ国籍の男性(21)に“米国に連れて行ってやる”と誘われ、ミラフローレス区のレドゥクト通り9ブロックにあるアパートで性的関係を強要された上その模様をビデオに撮られたと訴えている。

ミラフローレスの警察によると、8ヶ月前にペルーに入国したこの外国人たちは、性交渉は合意の上行ったものと述べ、犯行を否認しているという。また、被害者が言うところのビデオも未だに発見されていない。

(Artículo en RPP.com.pe)
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。