スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チチカカ湖の生態系、水位低下で危機的状況に

2009年11月13日
地球温暖化の影響を受けチチカカ湖の水位が81cm低下、1949年以来最低となる標高3808.25mを記録した。チチカカ湖自治機構(ALT)は、あと30cm水位が低下すれば植物相や魚の繁殖エリアが失われると警告している。

同機構は、今年から始まったエルニーニョ現象により、11月から1月にかけアンデス地方の降雨量が通常より40%から50%少なくなると予測しており、ボリビアとペルー双方の政府に対しあらゆる対策を講じるよう勧告している。中でも両地域への流水を調節する水門をおそらくは漸次的に閉鎖する必要性があるといい、このまま水位低下が続けば、環境や景観が悪化すると述べた。

アンデスの山々に囲まれたチチカカ湖は8400平方キロメートルの表面積を持つ美しい湖で、周囲に住む260万人の生活を支えている。湖の53%はペルー領土。この湖の自然と資源保持の目的から、ボリビアとペルー両国により1996年にチチカカ湖自治機構が設立された。

(Artículo en El Comercio.com.pe)

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。