FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピウラのアシカ大量死、毒殺と判明

2009年11月14日
11月4日にピウラ州のコラン海岸で計263匹におよぶアシカの屍骸が見つかった事件で、調査を担当しているペルー海洋局(Imarpe)と漁業技術局(ITP)および大学の専門家は、殺鼠剤を含んだエサのカタクチイワシを直接食べたことがアシカの死亡原因であることを確認した。ペルー生産相メルセデス・アラオス(前貿易・観光相)は、この報告を受け「看過できない環境犯罪」と怒りを露にしている。

専門家が死んだアシカの腸の内容物を調べ毒物分析したところ、市販の殺鼠剤などに含まれる有機窒素化合物を検出、これを受けたアラオス生産相は当件を計画的な犯行と捉え、警察および関係省庁の環境省、公共省に捜査を命じた。(Artículo en El Comercio.com.pe)

【コラン海岸に打ち上げられたアシカ】


【今年7‐8月に発生したチリのアシカ大量死】 報道ではエサ不足等に起因する自然死としている
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。