スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤信号無視のコンビ運転手、停止した警察官をはねる

2009年11月16日
赤信号を無視した乗り合いバスの運転手が、取調べのためバスを停止した女性警察官2名をはねるという事件が発生した。本日アルフォンソ・ウガルテ通り第7ブロックで、サンドラ・エスクリバ警察官とアナベル・ガラ警察官が赤信号を無視したコンビの運転手、リカルド・モンテス・ロドリゲスを停車させ違反切符を切ろうとしたところ、この運転手は突然コンビを発進させ、前方を塞ぐ形で止まっていた白バイに突進、両警察官をはねた。

このコンビに道路上を15mにわたって引きずられたエスクリバ警察官は、上腕骨骨折および挫創により全治2ヶ月の重症を負った。警察署へ連行された運転手は、バスのオートマチックレバーの誤作動による事故と主張しているが、両警察官はこれを否定している。この運転手は偽造免許証を携帯していた。

(Artículo en El Comercio.com.pe)
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。